ウクライナ難民支援ご協力のお願い

2022.04.07

NPO法人TMATより、皆様へ

ウクライナ難民支援ご協力のお願い

クラウドファンディングにて、
ご支援、ご協力をお願い申し上げます。

支援について

ウクライナに対するロシアの軍事侵攻開始以降、現在までに300万人を超えるウクライナ人が隣国へ避難をし、ウクライナ国内においても多くの避難民が発生している状況です。その多くは女性、子どもであると報道されています。

ウクライナ南部の隣国である「モルドバ共和国」は、ウクライナ難民を受け入れている国の一つです。人口約260万人ほどの小国で、欧州の中でも貧しいとされている国であり、その国に約30万人のウクライナ難民が避難してきている状況です。さらに今後ロシア軍の侵攻次第ではさらに多くの難民が押し寄せる可能性があります。

NPO法人TMATは、モルドバ共和国の団体と協定を締結し、モルドバ共和国へ避難するウクライナ難民へ、そしてウクライナ国内に残るウクライナ人への物資支援をすることを決定しました。

TMATが従来行ってきた医療チームの派遣による医療支援活動ではありませんが、現地にとって最も必要とされる支援として、活動を展開してまいります。

クラウドファンディングの詳細ページへ進む

 

NPO法人TMATとは

TMAT(特定非営利活動法人)は、世界の人々の生命と健康を守るため、

医療・災害支援・教育などの総合的な医療支援を各国政府やNGO、地域団体と協力しながら活動しているNPO団体です。

平成7年1月の阪神淡路大震災で徳洲会グループの医師等が中心となり、ボランティアグループとして救援活動を始めた事がきっかけとなりTDMAT(徳洲会災害医療救援隊)が誕生いたしました。その後、TDMATの災害医療救援活動は国内だけにとどまらず、国境を越えた医療支援を実現し、世界医療の向上にむけて活動を行ってきました。

 

2005年7月、「特定非営利法人TMAT」としてNPO法人を創立。

「生命だけは平等だ」の理念のもとで、TMAT災害医療救援活動、また医療技術支援活動等を通して、よりよい医療を世界中の人達が受けられるように迅速かつ継続的なサポートを行っています。

閉じる