形成外科・美容外科

外来診療担当表

午前

担当医
受付11:00迄

午前

飯田
上田

受付11:30迄

午前

飯田

受付11:30迄

午前

飯田
上田

受付11:30迄

午前

飯田(9.23.30)
上田

受付11:30迄

午前

田中顕(3.17)
森(10.24)
受付11:30迄

午前

担当医
受付11:00迄

飯田
上田

受付11:30迄

飯田

受付11:30迄

飯田
上田

受付11:30迄

飯田(9.23.30)
上田

受付11:30迄

田中顕(3.17)
森(10.24)
受付11:30迄

※()内の数字は医師が診療にあたる日です。

日曜・祝日は休診です。その他の休診日は診療科により異なります。外来診療担当表をご覧下さい。

診療科の特色

形成外科は、現代医学の中で『第4の医学』と定義され、様々な技術を用いて、体表の先天的な異常や、病気やけがなどによって生じた見た目の問題を治療し、患者様の生活の質(Quality of Life)の向上を目指します。
当院の形成外科は、常勤医師2名と非常勤医師3名で診療にあたっています。どの医師も、国内の大学病院での研修プログラムを終了し、日本形成外科学会専門医資格を有し、15年以上の豊富な臨床経験があります。

具体的な疾患

皮膚腫瘍(できもの、ふんりゅう)、母斑(ほくろ)、血管腫、軟部組織腫瘍、口唇裂・口蓋裂、小耳症・埋没耳・副耳・耳瘻孔や多指・合趾などの先天性疾患、顔面の軟部組織損傷、顔面骨骨折、熱傷、外傷後の瘢痕(きずあと)や瘢痕拘縮(ひきつれ)、眼瞼下垂、腋臭症(わきが)、顔面神経麻痺、陥入爪・巻き爪などが対象疾患です。また、当院の形成外科は、手術だけでなく、レーザーやテープ、軟膏を使った保存的な治療も得意としています。異所性蒙古斑、太田母斑などは健康保険や乳幼児医療での診療も可能です。また自費での美容医療の相談も受け付けています。
外来は月曜日から土曜日の午前で、できるだけ速やかに手術やレーザー治療を受けていただけるように、心がけています。懇切丁寧に応対いたしますので、是非ご相談下さい。

※自由診療とドクターズコスメのご相談は、火・木・金曜日の午前中です。
担当医師は、上田晃子医長です。予約外来となりますので、事前にお電話でお問い合わせ下さい。

医師紹介

飯田 直成

飯田 直成部長

専門分野

先天性体表異常、皮膚良性・悪性腫瘍、顔面外傷全般

経歴

1989年卒 佐賀大学

専門医・認定医等

  • 日本形成外科学会領域指導医
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本形成外科学会小児形成外科分野指導医
  • 日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会専門医
  • 日本創傷外科学会専門医
  • 昭和大学兼任講師
  • 秋田大学非常勤講師
  • 医学博士
上田 晃子

上田 晃子医長

専門分野

皮膚良性・悪性腫瘍、顔面外傷全般

経歴

1999年卒 北里大学

専門医・認定医等

  • 日本形成外科学会専門医
  • 医学博士
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
診療科・部門