小児科

外来診療担当表

新規のご予約、ご予約の変更は月~金曜日(14:30~16:30)のお時間でうけたまわりますのでご了承ください。

※小児科(中学生以下)の発熱・咳・呼吸困難・味覚障害の患者様は小児発熱外来を受診してください。

場所:敷地内別棟プレハブ
診療時間:9時~11時(月~金曜日)

陽性者または濃厚接触者(同居家族が陽性の場合を含む)の方は、電話での診療となります。(月~土曜日の9:00〜11:00)

感染予防のためご協力お願いいたします。
TEL 0466-35-1177(病院代表)

午前

内田
中島
立石

夕診

午前

山根(13.27)
中澤(6.20)
富田

夕診

午前

立石(7.21)
中島(7.14.28)
小野田

夕診

午前

立石
小野田
中澤(1.8.22.29)

夕診

内田[予約優先]
小野田[予約優先]

午前

板倉
田久保(2.9.23)
喜瀬
立石(30)

夕診

午前

板倉(3.10.24)
山根(10.17)
立石(3.24)
長岡(10.24)
井上(17)
富田(3.17)

夕診

午前

内田
中島
立石

山根(13.27)
中澤(6.20)
富田

立石(7.21)
中島(7.14.28)
小野田

立石
小野田
中澤(1.8.22.29)

板倉
田久保(2.9.23)
喜瀬
立石(30)

板倉(3.10.24)
山根(10.17)
立石(3.24)
長岡(10.24)
井上(17)
富田(3.17)

夕診

内田[予約優先]
小野田[予約優先]

専門外来

※発熱のある方はお電話でご相談の上、ご来院ください。
小児科専門外来:各担当医の診療日に直接ご来院可能ですが、なるべくご予約ください。
【アレルギー】内田・山根【内分泌】田久保(午前)【てんかん】井上正勝(午前)【循環器】富田・長岡・喜瀬(午前)【新生児・発達】板倉(午後)

健診

午後

内田[予約のみ]

午後

午後

健診
中島
小野田[予約のみ]

午後

小野田[予約のみ]

午後

フォローアップ健診
板倉[予約のみ]

午後

午後

内田[予約のみ]

健診
中島
小野田[予約のみ]

小野田[予約のみ]

フォローアップ健診
板倉[予約のみ]

※()内の数字は医師が診療にあたる日です。

日曜・祝日は休診です。その他の休診日は診療科により異なります。外来診療担当表をご覧下さい。

はじめに

湘南藤沢徳洲会病院小児科は、平成24年10月に旧茅ヶ崎徳洲会総合病院小児科を移転・拡張する形で開設されました。新しい病院では、小児に特化した専門外来・専門病棟が新設され、こどもに関わるあらゆる疾患に対応し、最善の医療を提供できるような体制を目指しています。

小児科の外来診療について

こどもの病気やけがは急に発症することが多いものです。当院では、時間帯を問わず、すべてのこどもの受診について断ることなく受け入れを行なっております。

直接来院された場合には、午前中の診療時間内(平日・土曜8時30分~12時)では小児科外来にて小児科専門医が診療いたします。それ以外の診療時間外(午後・夜間・休日)では救急総合診療部にて救急担当医が対応します。

救急車で来院された場合は、救急総合診療部で迅速な処置・対応を行ないます。
また、開業医の先生方や他病院からの紹介状をお持ちの場合は、事前にご連絡ください。 診療時間外であっても状況に応じて小児科専門医が診療いたします。

こども特有の専門的疾患(心臓、呼吸器、消化器、てんかん・神経、喘息・アレルギー、血液腫瘍、内分泌、新生児、小児外科、など)に関しては、予約制の専門外来を開設いたしております。

また、こどもの外科、泌尿器科、脳神経外科、整形外科、皮膚科、形成外科等の疾患についても各診療科と協力しつつ治療を行なっています。受診をご希望の場合は小児科受付までお問い合わせください。

早産児や心疾患児に対するシナジス注射も扱っています。
子宮頚がんワクチンは婦人科にて実施しています。

自費による予防接種、健診、各種診断書発行、海外渡航前の予防接種などにも対応しています。曜日・時間・料金・予約等につきましては小児科受付までお問い合わせください。

外来入口

小児科外来待合室

外来処置室

外来観察室

外来診察室

感染症待合室

小児科外来プレイコーナー

専用お手洗い

保険外併用療養費(選定療養費)について

当院では、厚生労働省の指導により、当院を初めて受診される際に他の医院等からの紹介状をお持ちでない場合、または、初めてでなくても前回受診から一定期間が経過している場合などに、保険外併用療養費(選定療養費)として2,200円(税込)をご負担いただいております。

これは、初期治療は地域の医院で行い高度な医療は病院で行なう、という、医療機関の機能分担を推進させるための厚生労働省の制度によるものです。ただし、緊急やむを得ない場合の受診、持病があり定期的に通院されている場合、などでは対象となりません。

当院を初めて受診される場合に、紹介状がなくても診療を受けることは可能ですが、紹介状がない場合に比べて医療費の自己負担額が増えることになります。詳しくは小児科受付までお問い合わせください。

保険外併用療養費(選定療養費)の詳細はこちら

小児科の入院診療について

現在、5階東病棟を小児科専用病棟として、病床数10床(トイレ付き個室6床、2人床2部屋)を備え、専任の看護師を配置し運用しています。

すべての病床に、小児用柵付きベッド、呼吸心拍モニター、精密輸液ポンプ等を常備し、安全で確実な治療を受けられるよう配慮しています。専用の入浴・シャワー室、プレイルームを備え、快適な入院生活を送れるよう工夫しています。付き添い用のソファベッドを配置し、小さなお子様の場合はご家族の付き添いによる入院治療が可能です。

重症例では4階の集中治療室で人工呼吸器管理を含む集中治療が可能です。小児外科、泌尿器科、整形外科、脳外科手術等にもできる限り対応しています。

当院で出生したすべての正常新生児に対して小児科医による退院時診察を行なっています。
病的医新生児に関しては5階西の産科病棟に隣接してNICU(新生児集中治療室)3床を配置し、専用の保育器や人工呼吸器などを完備し、産科との協力体制のもと周産期センターとして専任スタッフによる治療を行なっています。

病棟入口

病棟内廊下

ナースステーション

ナースステーション

処置室

点滴準備スペース

プレイルーム

談話スペース

柵付きベッド

個室手洗い

個室内お手洗い

学童用ベッド

テレビ

冷蔵庫

浴室

洗面

沐浴室

新生児処置室

NICU

GCU

調乳室

小児レスパイト入院について

医師の研修について

当院は医師卒後臨床研修病院に指定されており、小児科では、初期研修医に対する小児救急診療・初期診療の指導を行なっています。また、日本小児科学会専門医研修施設に認定されており、小児科専門医を目指す医師のための後期専門研修を実施しています。

当院を受診される皆様・保護者の方々には、外来受診および入院治療の際に、研修医が診療に加わることがありますことをご了承いただきたく存じます。
研修医は適切な指導を受けつつ診療に参加しており、また、すべての医療行為は専門医の指導・監督のもとで実施しておりますのでご安心ください。
将来の医療を担う医師の教育にご理解・ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

また、当院で研修を希望される医学生・医師の方、およびスタッフ・指導医として勤務を希望される先生方がおられましたら是非とも当院小児科までご連絡ください。親身になってこどもたちの病気と向き合ってくださる先生方を募集しております。

受診される方へ

小児科では流行性疾患による患者さんの増加や予測できない救急対応なども多いため、待ち時間が発生したり予約どおりに診療できないこともございます。あらかじめご了承ください。
小児科スタッフは常に研修をおこたらず標準的で適切な診療を心がけておりますが、診療に疑問がある場合はいつでも遠慮なくお申し出ください。

登録医・開業医の先生方へのご連絡

入院依頼、検査等、いつでもお気軽にご紹介いただければ幸いです。
急を要する場合には直接お電話で承ります。小児科受付までご連絡ください。
担当者不在時や時間外では救急部門での対応となる場合もございますが連絡を取りつつ適切に対応いたします。

対象疾患

すべての小児疾患に対応しています。新生児を除くと救急外来からの入院が多くなっております。

最近の入院疾患(旧茅ヶ崎徳洲会総合病院での症例も含む)

小児科入院 気管支喘息、肺炎、急性細気管支炎、インフルエンザ、中耳炎、クループ、急性胃腸炎、脱水症、ケトン性低血糖症、腸重積、幽門狭窄症、熱性けいれん、てんかん、急性脳症、細菌性髄膜炎、無菌性髄膜炎、フィッシャー症候群、ミトコンドリア異常症、敗血症、化膿性耳下腺炎、リンパ節炎、深頚膿瘍、急性糸球体腎炎、尿路感染症、麻疹、結節性紅斑、蜂巣炎、アナフィラキシー、食物アレルギー負荷試験、体重増加不良、低身長(ホルモン負荷試験)、アレルギー性紫斑病、川崎病、ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群、縦隔気腫、頻拍発作、SIDS/ALTE、異物誤飲、薬物中毒、外傷(頭部外傷、脊髄損傷、肺挫傷、腹腔内臓器損傷、骨折、熱傷)、など。平成22年度の平均在院日数5.9日、平均入院年齢3.0歳。
手術症例 そけいヘルニア、肥厚性幽門狭窄症、虫垂炎、腹腔内腫瘍、停留精巣、精巣捻転、四肢骨折、頭部外傷、VPシャント、脳腫瘍、皮膚腫瘍、鼻骨骨折、熱傷瘢痕、など。
新生児入院 新生児黄疸、低出生体重児・早産児(在胎32週~)、双胎、呼吸窮迫症候群、一過性多呼吸、胎便吸引症候群、新生児仮死、無呼吸発作、新生児低血糖、脱水症、細菌感染症、新生児出血性疾患、染色体異常・奇形、新生児脳梗塞、新生児けいれん、心疾患、など。

医師紹介

板倉 敬乃

板倉 敬乃部長

専門分野

新生児・小児一般

経歴

1988年卒 山形大学

専門医・認定医等

  • 日本小児科学会小児科専門医
  • 日本小児科医会地域総合小児医療認定医・指導医
  • 日本小児科医会「子どもの心」相談医
  • ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター(ICD)
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 神奈川県 難病指定医(小児慢性特定疾患)
立石 格

立石 格部長

専門分野

小児科一般、新生児医療

経歴

1984年卒 金沢大学

専門医・認定医等

  • 日本小児科学会小児科専門医・指導医
  • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医(新生児)
山根 景志

山根 景志医長

専門分野

一般小児科

経歴

2012年卒 山形大学

専門医・認定医等

  • 日本小児科学会小児科専門医
内田 祐司

内田 祐司

専門分野

救急総合診療(成人・小児)、小児全般、小児救急、小児呼吸器、アレルギー

経歴

1998年卒 筑波大学

専門医・認定医等

  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本小児科学会小児科専門医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本アレルギー学会アレルギー専門医(小児科)
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定プライマリ・ケア認定医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
  • 日本脳卒中学会承認脳梗塞rt-PA適正使用講習会修了医
  • 兵庫医科大学臨床教育准教授
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 神奈川県 難病指定医
  • 小児慢性特定疾病指定医
小野田 紀子

小野田 紀子非常勤

専門分野

一般小児科、健診

経歴

 

専門医・認定医等

  • 日本小児科学会小児科専門医
富田 英

富田 英非常勤

専門分野

一般小児科、小児循環器・心臓疾患

経歴

 

専門医・認定医等

  • 昭和大学病院小児循環器・成人先天性心疾患センター長
  • 日本小児科学会小児科専門医
  • 日本小児循環器学会小児循環器専門医
  • 日本超音波医学会超音波専門医・指導医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本心臓病学会特別正会員
井上 正勝

井上 正勝非常勤

専門分野

小児てんかん

経歴

 

専門医・認定医等

  • 日本小児科学会小児科専門医
  • 日本小児神経学会会員
浦部 優子

浦部 優子非常勤

専門分野

小児医療

経歴

 

専門医・認定医等

診療科・部門