皮膚科

外来診療担当表

午前

渡辺
内田千(12.19.26)
田中(5.12.26)
受付11:00迄

午後

午前

渡辺
内田千(13.20.27)
松下(6)
受付11:00迄

午後

午前

内田千
巻口
受付11:00迄

午後

午前

渡辺
松下
受付11:00迄

午後

専門外来:足と靴の外来(8.22)[完全予約]

午前

渡辺
内田千(2.16.23)
松下(9)
受付11:00迄

午後

午前

渡辺
内田千(3.17.24)
小笹(10)
受付11:00迄

午後

午前

渡辺
内田千(12.19.26)
田中(5.12.26)
受付11:00迄

渡辺
内田千(13.20.27)
松下(6)
受付11:00迄

内田千
巻口
受付11:00迄

渡辺
松下
受付11:00迄

渡辺
内田千(2.16.23)
松下(9)
受付11:00迄

渡辺
内田千(3.17.24)
小笹(10)
受付11:00迄

午後

専門外来:足と靴の外来(8.22)[完全予約]

※()内の数字は医師が診療にあたる日です。

日曜・祝日は休診です。その他の休診日は診療科により異なります。外来診療担当表をご覧下さい。

診療科の特色

皮膚は身体の最外層にあって、全身をおおう人体最大の臓器です。外界と直接触れるため、その影響をうけるとともに、体内からの影響もうけます。例えば、外界からは、虫刺されや日焼け、湿布かぶれのような疾患がありますし、内部からは、他の疾患で投与された薬剤による薬疹や、肝臓や腎臓が悪いことで全身のかゆみをおこすことがあります。どちらが原因の皮膚病か、必要に応じて各種の検査を行い、他科と連携し診断治療していきます。また、アトピー性皮膚炎や乾癬の治療は近年、非常に進歩しています。常に最新の治療を取り入れるよう努力していきます。爪や髪の毛のトラブルも皮膚科が担当します。

足と靴の外来(第2・4木曜午後)

100歳まで自分の足で歩くには適切な足のケアが必要です。
不適切な足・爪のケア、靴の選択によって足のトラブルをかかえる方が増えています。
フットケア専門医師と義肢装具士・整形靴技術者の資格をもつ靴屋さんが治療・指導を行います。

医師紹介

渡邊 京子

渡邊 京子部長

専門分野

皮膚真菌症、乾癬

経歴

1991年卒 東京医科歯科大学

専門医・認定医等

  • 医学博士
  • 東京医科歯科大学医学部臨床教授
  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 神奈川県 難病指定医
内田 千恵

内田 千恵医員

専門分野

経歴

 

専門医・認定医等

  • 厚生労働省認定緩和ケア研修会修了医
今井 亜希子

今井 亜希子非常勤医

専門分野

フットケア

経歴

2001年卒 群馬大学

専門医・認定医等

  • 医学博士
  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 日本フットケア・足病医学会評議員
  • 一般社団法人足育研究会理事

扱う疾患

  • 湿疹、皮膚炎
  • 白斑
  • じんましん
  • にきび
  • 薬疹
  • 細菌感染症(とびひ、蜂窩織炎)
  • 自己免疫疾患(水疱症や膠原病、円形脱毛症など)
  • 真菌感染症(白癬、カンジダ症)
  • ウイルス感染症(ヘルペス、イボ)
  • 乾癬
  • 梅毒
  • 潰瘍、褥瘡
  • 寄生虫症(疥癬、シラミ)
  • 紫斑病
  • たこ、うおのめ、まき爪 など
  • 皮膚腫瘍、皮膚癌

主な検査

  • 真菌顕微鏡検査
  • ウイルス抗原検査
  • パッチテスト
  • 病理組織検査
  • 薬剤・食物アレルギー検査
  • 各種画像検査
  • 紫外線アレルギー検査

主な治療

  • 軟膏外用療法
  • 手術療法(切開や腫瘍切除)
  • 液体窒素療法
  • 生物学的製剤注射
  • 紫外線療法(全身型ナローバンドUVB、エキシマ)

保険適用外

帯状疱疹ワクチン接種、局所免疫療法、炭酸ガスレーザー、ケミカルピーリング、爪矯正

入院治療を行う主な皮膚疾患

毎年、帯状疱疹・蜂窩織炎・丹毒の患者さんが多く入院されます。その他は、水疱性類天疱瘡・薬疹・皮膚腫瘍切除のための入院や、アトピー性皮膚炎の増悪、じんま疹の増悪、皮膚潰瘍などです。

実績(入院治療)

2019年 2020年 2021年
帯状疱疹 175例 152例 162例
蜂窩織炎、丹毒 68例 94例 84例
皮膚腫瘍切除 12例 8例 10例
水疱性類天疱瘡 6例 11例 11例
アトピー性皮膚炎 5例 1例 4例
診療科・部門