入院検査について

1泊入院して行うポリソムノグラフィ(PSG)検査について

1泊2日の入院で、睡眠の質や状態を評価します。睡眠時無呼吸症候群の診断には重要な検査です。
脳波、呼吸、酸素、体位などを測定するセンサーを20個程度装着し、検査します。当院では専用病室、最新機器を導入しています。

貼り付けた電極が睡眠中に寝がえりなどで外れないように、頭に網包帯をかけています。
装置は100グラム程度と軽量で、装着時の負担を軽減することで睡眠を妨げることなく日常に近い環境で検査を受けられます。

写真: 網包帯で電極を装着した患者

センサーを装着した様子(ワイヤレスです)

主な電極類

脳波 睡眠状態の記録
心電図 不整脈出現の有無を記録
胸・腹バンド 無呼吸の種類の判定
指センサー 酸素低下の記録
口・鼻電極 呼吸停止の記録
胸センサー 体の向きを記録
脚センサー 足の動き

PSG検査の流れ

※お勤めの方でも検査を行えるように時間設定しています。土曜日の入院も可能です。

1
18:00

夕食・入院会計を済ませて頂き入院となります。

2
19:00~20:00

検査技師がさまざまなセンサーを体に取り付ける作業を行います。
所要時間は30分~1時間程度です。

当院ではワイヤレスセンサーを導入しました。快適に検査を受けて頂けます。

  • 夜間にトイレの使用も可能です。
  • 身体拘束が少なく、好きな態勢で眠ることができます。家庭での睡眠状態に近い数値が得られます。
3
検査開始

消灯、就寝していただきます。

3
翌朝7:00

検査技師がセンサーを外します。シャワーを浴びて頂き退院となります。

  • 一睡もした気がしないと感想を述べられる方でも、意外に良い記録のことが多いので、なかなか寝付かれなくとも、安静に夜を過ごして下さい。
  • どうしても、眠られない場合は睡眠薬を少量お出しします。
  • 普段内服しているお薬は、普段通り飲んで下さい、常用している睡眠薬も同様です。
  • 飲酒、喫煙はできません。

入院検査しないデメリット

非常に重症な方を除き、入院検査はCPAP治療を行う為に大切です。簡易検査のみで済ますのは、生涯にわたる治療を始めるにあたって得策とはいえません。

  1. 簡易検査では睡眠の評価ができない

    簡易検査で無呼吸と酸素低下の程度は判断できますが、睡眠の評価には入院検査が必要です。
    (簡易検査だけでは、日中の眠さが無呼吸によるものかの正確な判断ができません。)

  2. 簡易検査は精度が低い

    簡易検査では機械の装着時間 = 睡眠時間として判断するので、簡易検査だけだと重症の睡眠時無呼吸でも測定の夜に眠れなかった場合は軽症と判定されてします。さらに、簡易検査だけでは、産業医等から詳細な診断書を求められた場合に作成が困難な場合があります。

  3. 入院の回数が増える場合がある

    バス・タクシーの運転をされている方では、治療によって睡眠が改善したことの証明を求められることがあります。この場合は診断のための入院と、治療効果判定のための入院の2回入院検査を行う場合があります。

  4. 転院の際不利になる可能性がある

    転勤等でCPAP対応病院を探す場合は、睡眠時無呼吸の診療を高レベルで行っている医療機関では「きちんとした検査」が原則になっているので、簡易検査のみの患者さんは歓迎されません。

入院検査のよくある質問

ご予約、費用に関するお問合わせはこちら

ご予約、費用についてのご質問

ご予約の方は、上記の代表電話より予約センターを呼び出して下さい。
費用についてのご質問がある方は、医事課入院会計係を呼び出して下さい。

閉じる