緊急避妊法(アフターピル)

緊急避妊薬(アフターピル)は、避妊できなかった性交または避妊が十分でなかった性交(コンドームの破損や脱落、腟外射精、低用量ピルの飲み忘れ、性暴力被害など)から72時間以内に1錠服用し、排卵を抑える働きによって、緊急的に高い確率で妊娠を避ける方法です。

服用後、月経が来れば緊急避妊は成功です。妊娠阻止率は約85%で、緊急避妊薬を服用しても妊娠する女性は約1~2%いらっしゃいます。もし月経が予定より7日以上遅れる場合や月経量が少ない場合、また性交から3週間経過したら、市販の妊娠検査薬で妊娠しているかどうか確かめることができます。妊娠検査薬で陽性反応が出た場合や、何か心配なことなどがあればいつでも産婦人科を受診してください。性感染症検査や子宮頸がん検診、日頃の避妊法(低用量ピルや子宮内避妊具など)の相談もできます。
緊急避妊薬は安全性が高く、従来のヤッペ法と異なり、吐き気や嘔吐などの副作用は少ないですが、万が一、服用から2時間以内に嘔吐した場合は再度服用が必要です。

当院では、24時間365日対応で緊急避妊薬を処方しています。

費用(税込)
通常診療時間内 8,570円
時間外 13,850円
  • 婦人科外来にてご相談ください。
  • 時間外はER(救急外来)での対応となります。
  • 対面診療のみでの処方となります。

※性暴力被害の場合は、相談電話 #8891または045-322-7379(かながわ性犯罪・性暴力被害者ワンストップセンター「かならいん」)をご利用ください。医療機関や警察署などへの付添い、緊急避妊薬などの費用のサポートが受けられます。

閉じる