経頭蓋MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)

経頭蓋MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)

2019年6月1日に、薬物治療で十分な効果を得ることのできない本態性振戦を対象とした、経頭蓋MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)が保険収載されました。さらに、2020年9月1日に、薬物治療で十分な効果を得ることのできないパーキンソン病に対する振戦及び運動症状緩和を目的とした治療についても保険収載されました。

経頭蓋MRガイド下集束超音波治療(MRgFUS)について

MRIでリアルタイムに治療ターゲットの位置と温度をモニタリングしながら、約1000本の超音波を一点に集束させて患部を熱凝固する治療です。「メスを使わない手術」と言えます。
2016年12月、本態性振戦の治療用医療機器として薬事承認を受け、新規の治療法として注目を集めました。

従来、薬物治療で十分な効果を得られない本態性振戦に対しては、頭蓋骨に小さい孔を開けて(穿頭:せんとう)、電極を脳に刺入・留置する手術が必要でしたが、MRgFUSでは頭蓋骨や脳の標的部位以外を傷つけることなく、標的部位のみを熱凝固するので、侵襲性が低いことが特徴です。当院では早期より本態性振戦やパーキンソン病に対する臨床試験を実施し、多数の治療を経験しています。

集束超音波治療により、ふるえが止まる様子

本態性振戦とは

「本態性」は「原因がはっきりしない」、「振戦(しんせん)」は「自分の意思に反して起こる、規則正しいリズミカルなふるえ」という意味です。手のふるえから字が書けなくなる、茶碗やコップを持つことができないなどが特徴的な症状で、日常生活に不自由をきたすことの多い病気です。まず行われるのは薬物治療ですが、薬剤抵抗性を示す(薬の効果が乏しい、あるいは合併症や副作用のために薬を用いることができない)場合には手術を検討します。

パーキンソン病とは

ドパミン神経細胞の減少により、体のスムーズな運動調節に必要なドパミンが減少することで動作緩慢、振戦、筋固縮、姿勢保持障害などの運動症状を引き起こす、国の指定難病の1つです。パーキンソン病も薬物治療が第一選択ですが、薬物療法で十分な効果が得られない場合には手術を検討します。

パーキンソン病でみられる主な運動症状
振戦、無動・寡動、筋強剛(筋固縮)、姿勢保持障害

MRgFUSの対象となる方

「薬剤抵抗性を示す本態性振戦の患者さま」、「薬物療法で十分に効果の得られないパーキンソン病における振戦及び運動症状のある患者さま」がそれぞれMRgFUSの対象となります。治療をご希望の方は、当センターにお問合せ下さい。

機能的神経疾患センターお問い合わせ(メール)

診療科・部門