薬剤部

【重要】電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて

当院での薬剤師業務は大きく分けて外来調剤、入院調剤、病棟薬剤業務、医薬品管理、薬剤師外来、チーム医療参加があります。

はじめに

薬剤部は薬剤師41名(2020年7月時点)が所属しており、患者様に安心して医療を受けていただけるように、医薬品の適正使用に貢献することで、より良い医療の提供ができるように努めております。国の方針に従って外来処方は院外処方せんの発行にも対応しており、処方箋を応需される調剤薬局との連携を図っています。

調剤業務(内服・点滴)

当院には電子カルテ・オーダリングシステムが導入されています。医師からの処方を受け、カルテ記録から体重、年齢、検査値などを確認し、適切な調剤を行っています。処方の疑義がある場合は医師への問い合わせを行います。また、調剤の円滑化のために、散剤・水剤監査システム、自動錠剤分包機を設置するほか、注射薬自動払い出し機(アンプルピッカー)を導入しています。入院の患者様の注射薬では医師からの指示ごとにバーコードシールで管理し、より正確な投与を行っています。さらに、必要に応じて高カロリー輸液の調製を薬剤部のクリーンベンチにて行っています。
窓口対応時では、日本語が不得手な外国からの患者様のために通訳サービスを導入しています。

病棟薬剤業務

病棟薬剤業務実施加算を取得し、入院患者様への医薬品の適正使用の推進に努めています。
入院中の患者様に処方された薬が、安全にお使いいただけるように重複投与、相互作用、配合変化などのチェックを行い、医師や看護師へ情報提供しています。
入院前の投薬歴や服用状況の確認を行い、飲み忘れや飲み間違いがないことや、効果・副作用の確認のため患者様のベッドサイドに伺っています。退院時には、薬剤情報提供書やお薬手帳を必要に応じてお渡しし、ほかの医療機関や薬局、施設でも活用できるようにしています。
また、病棟のカンファレンスに参加して医師・看護師などの他職種と意見交換などを行っています。
日々更新される医薬品の最新情報を収集し、病院内に情報提供しています。院内で使用される薬剤について、粉砕後の安定性や混合できるかといった情報収集を行っています。(DI業務)

研修会

近隣の調剤薬局の皆様に向けて、研修会を行っております。ご参加お待ちしております。

研修会はこちら

閉じる