手術支援ロボット ダ・ヴィンチ

前立腺がんの手術方法が変わります 手術支援ロボット ダ・ヴィンチ 神奈川県 初導入!

天才レオナルド・ダ・ヴィンチの名を冠した医療ロボット「ダ・ヴィンチ」は、腹腔鏡手術を支援する内視鏡下手術ロボットです。「ダ・ヴィンチ」を用いることで肉眼の10倍の視野を得ることができ、人間の定常の複雑で繊細な手術が可能です。
2011年12月、前身の茅ヶ崎徳洲会総合病院時代に神奈川県初導入、2012年4月より運用開始いたしました。

ダ・ヴィンチを用いたロボット支援腹腔鏡下手術は、
前立腺がん全摘出手術に対し、公的保険が適用されています。

メディア掲載情報

  • 週刊ポスト
    2015年4月13日発売号
    • 発行所 /小学館
    • 発行日 /2015年4月13日
    週刊ポスト2015年4月13日発売号に当院の手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」の記事が掲載されました。
  • 読売新聞社
    病院の実力 2016総合編
    • 発行所 /読売新聞東京本社
    • 発行日 /2016年2月18日
    読売新聞社「病院の実力 2016総合編」に、吉村センター長(ロボット手術センター/泌尿器科)の記事が掲載されました。

手術件数実績

手術支援ロボットによる前立腺全摘術300例を達成しました。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
総計 387
2012年 1 1 1 3 3 5 8 5 27
2013年 7 11 7 8 10 7 9 7 6 13 5 4 94
2014年 5 2 7 5 8 8 6 3 6 6 4 7 67
2015年 8 6 8 8 4 7 7 4 5 8 5 6 76
2016年 8 6 8 7 5 7 1 4 6 6 4 7 69
2017年 5 5 6 7 8 10 8 5 54
グラフ: 2012年から2017年の手術件数

「ダ・ヴィンチ」の特徴

3D HD Vision

3Dカメラが患者様の体内をリアルな3次元立体画像で捉えて表示、術者は操作部のモニターで奥行きのある体内画像を見ることができます。

直観的な動き

操作部では、術者の眼と手の距離感を維持し、3本のアームを自由に操作することで鉗子の直感的な動作を可能にします。手ぶれを制御し、人間の手ではできないmm単位の繊細な操作が可能です。

柔軟な動き

ロボットの手は、人間の手と同等以上の可動域を持っています。これにより、人間では不可能な角度の手の動きが可能となります。

解説: 医師(術者)はケーブルで繋がった操作台に座り、中に映し出される3次元立体画像を見ながらアームを操り、幹部の切除や縫合を行います。

医師(術者)はケーブルで繋がった操作台に座り、
中に映し出される3次元立体画像を見ながらアームを操り、
幹部の切除や縫合を行います。

メリット1. 安全性

解放手術と比べ、少ない出血量。神経などの機能温存に優れています。(出血量100ml程度)

メリット2. 低侵襲性

皮膚の切開範囲が小さく、傷口は腹部に鉗子を挿入する8~12mmほどの幅です。

メリット3. 確実性

術者は内視鏡の拡大3D映像で肉眼より正確に見ることができます、狭い範囲でも自由に器具を操作でき、人間の手以上の複雑で繊細な手術が可能です。

メリット4. 回復の早さ

傷口が小さいため、術後の回復が早い傾向にあります。
(入院期間は1週間程度)

従来手術との比較

開腹手術
(従来手術)
ロボット支援手術
(ダ・ヴィンチ)
狭い骨盤内の手術の為、 視界が限られ神経や 尿道括約筋を 傷つけてしまうことがあり、 出血量が多くなります。 内視鏡の拡大3D映像で 見たい方向・角度から 自由に見ることができ、 より繊細な手術が可能です。
尿道と膀胱を繋ぐときの 確実性に乏しくなります。 狭い隙間でも自由に 鉗子を操作することができ、 より確実な尿道と 膀胱の吻合が可能です。
傷口が大きくなります。 腹部に小さい穴を 数ヶ所空けるだけなので、 体への負担が少なく済みます。
図: 開腹手術(従来手術) の傷口
図: ロボット支援手術(ダ・ヴィンチ) の傷口

外来受診について

外来受診について

外来の予約をお取りできます。
下記の病院代表番号までお電話いただき、予約センターで泌尿器科の外来予約をお取りください。

前立腺がんと診断されている方

外来受診時に紹介状と病理標本をお持ち下さい。

紹介状をお持ちでない方

直接外来へお越し下さい。

医師紹介

  • 吉村 一良ロボット手術センター長
    吉村 一良
    専門分野
    尿路腫瘍、内視鏡・ロボット手術
    経歴
    1986年卒 慶應義塾大学
    専門医・認定医等
    • 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
    • 日本泌尿器科学会腹腔鏡技術認定医
    • 日本内視鏡外科学会技術認定
    • ロボット(da Vinci)手術認定医
    • 日本透析医学会認定医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
閉じる