産科・婦人科

外来診療担当表

産科

午前 三川 橋口 木崎 三川 門間 橋口

産後1ヶ月健診

午後 担当医 担当医 担当医

婦人科

午前 橋口
担当医
【受付10:00迄】
天津
【受付11:00迄】
遠見(25)
橋口(4.11.18)
【受付11:00迄】
遠見(12.26)
【受付11:00迄 】
三川(6.20)
橋本誠
【受付11:00迄】
三川
【受付11:00迄】
午後 三川
【受付13:30~15:30迄】

※()内の数字は医師が診療にあたる日です。

診療科の特色

婦人科では腹腔鏡手術に力を入れており、ロボット支援手術にも取り組んでいます。 今年度から手術が保険適応となりました。施設認定が必要なため、来年度に向け準備中です。 身体への負担は、開腹手術はもちろん従来の腹腔鏡手術に比べても格段に少なくなっていますので、入院期間の短縮、身体の回復は非常に早くなります。興味のある方はご相談ください。

2017年の分娩は412件でした。陣痛は、人に与えられた唯一といってもいい喜びを感じられる痛みです。
その痛みを利用した、できるだけ自然の出産を、皆さまの考えにそって、それぞれにふさわしい分娩となるよう心がけてまいります。
和室(畳)での分娩も希望により対応しています。
婦人科では卵巣腫瘍、子宮外妊娠をはじめ良性疾患は腹腔鏡手術などできるだけ体への負担の少ない治療を心がけています。また子宮筋腫の手術も腹腔鏡での手術や開腹することなく経腟的に行うことも可能です。
もちろん子宮がん、卵巣がんの診断、治療にも対応しています。

診療治療の根拠を、個人の経験、出身大学等の方針によるのではなく、科学的な証拠にもとめています。不必要なあるいは効果が定かでない投薬、治療は行なわないよう努めています。 母乳栄養を推進しています。母乳は赤ちゃんにとって最高の栄養であり、ミルクは母乳に代わるものではありません。母乳栄養を推進するために、ユニセフの基準に従って院内ではミルクメーカーによる調乳指導を行っていません。

当院でのお産について

医師紹介

  • 橋口 和生部長
    橋口 和生
    専門分野
    産婦人科全般 周産期
    経歴
    1985年岩手医科大学 医学部卒業
    東京女子医科大学 産婦人科 研修医
    1991年都立大塚病院 産婦人科 医員
    1993年東京女子医科大学 産婦人科 医局長
    1995年佼成病院産婦人科 副医長
    1997年ユタ大学 産婦人科・遺伝学研究所 留学
    2001年東京女子医科大学 母子総合医療センター 講師
    (産婦人科兼任)
    2007年杏林大学 産婦人科 講師
    2010年湘南厚木病院 副院長
    2013年東京医療保健大学 臨床教授
    2016年湘南藤沢徳洲会病院 産婦人科部長
    専門医・認定医等
    • 湘南厚木病院副院長兼任
    • 東京医療保健大学臨床教授兼任
    • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    • 日本産科婦人科学会産婦人科指導医
    • 日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
    • 日本周産期・新生児医学会周産期専門医(母体・胎児)
    • 日本周産期・新生児医学会NCPRインストラクター
    • 日本産科婦人科学会社会保険委員会委員
    • 日本周産期・新生児医学会 社会保険委員会幹事
    • 日本妊娠高血圧学会評議員
    • 厚生労働省認定臨床研修指導医
    • 母体保護法指定医
    • 医学博士
    • 経営情報学修士(MBA)
  • 三川 猛部長
    三川 猛
    専門分野
    産婦人科一般、産婦人科手術、婦人科腫瘍
    経歴
    1985年卒 秋田大学
    専門医・認定医等
    • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    • 母体保護法指定医
    • ロボット(da Vinci)手術認定医
    • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 赤穂 史帆医員
    赤穂 史帆
    専門分野
    産婦人科
    経歴
    2013年卒 和歌山県立医科大学
    専門医・認定医等
    • 日本産婦人科学会
  • 福島 安義名誉院長・専務理事
    福島 安義
    専門分野
    産婦人科一般
    経歴
    1969年卒 北海道大学
    専門医・認定医等
    • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 門間 美佳非常勤
    門間 美佳
    専門分野
    産婦人科
    経歴
     
    専門医・認定医等
    • 日本産婦人科学会専門医
    • 日本産科婦人科内視鏡学会
閉じる