病理診断科

病理診断とは?

患者様が病院に来院されると、適切な治療のために適切な診断が必要になります。「病理診断」は最終診断として大きな役割を果たします。
患者様の体より採取された病変の組織や細胞から顕微鏡用のガラス標本がつくられます。この標本を顕微鏡で観察して診断するのが病理診断です。そして、この病理診断を専門とする医師が病理医です。生きている患者様を診ることのない医師で、病院の診療部門を支えている立場といえます。

病理診断は主治医に報告され、治療に生かされます。病院に病理医がいることは、より良質の医療を提供することにつながります。

病理診断の種類

細胞診断

肺がんや膀胱がんでは、痰や尿の中にがん細胞が混じることがあります。痰や尿を顕微鏡で調べてがん細胞がいるかどうかを判断するのが細胞診断(いわゆる「細胞診」)です。子宮がん健診では、子宮頚部から細胞をこすりとって調べます。のどや乳房などにしこりがあると、細い針を刺して吸引し、とれた細胞の中にがん細胞がいるかどうかを調べる場合もあります。その最終判断を行うのは病理医です。

生検組織診断

治療方針を決めるために、胃・大腸や肺の内視鏡検査を行った際に病変の一部をつまみ取ったり、皮膚などにできものができたときにその一部をメスなどで切りとったりして、病変の一部の組織を標本にします。この検査を「生検(せいけん)」といい、その診断を生検組織診断と呼びます。

手術で摘出された臓器・組織の診断

摘出された臓器・組織は、病理医が肉眼で病変の部位、大きさ、広がりを確認し、診断に必要な部分を必要な数だけ切り取ります。国家資格を持つ臨床検査技師が、この臓器・組織の顕微鏡標本をつくります。 病理医が標本を顕微鏡で観察し、どのような病変がどれぐらい進行しているか、手術でとりきれたのか、追加治療が必要かどうか、がんの場合、タチの悪さや転移の有無など、治療方針の決定に役立つ情報を臨床医に提供します。

手術中の迅速診断

胃や大腸など内視鏡で到達できる部位、皮膚や乳房など針を刺したり切開を加えたりすることで病変に到達できる部位では、手術前に生検を行って病理診断します。しかし、病変が体の深い部分にあるために生検が難しい場合、手術前に病理診断ができず、「術中迅速診断」を行います。術中迅速診断では、手術前に採取された病変組織から20分程度で病理診断が行われます。診断結果は執刀医に連絡され、手術方針が決定されます。

病変がとりきれたかどうかの確認のため、手術によってとりだされた臓器・組織の断端を調べたり、がんの転移が疑われる部分を調べて手術で切除する範囲を決めたりするときにも、術中迅速診断は役立ちます。病理医が唯一、時間との戦いを強いられる仕事といえます。

組織や細胞の採取は、外科医・内科医・産婦人科医などの臨床医が行いますが、採取された組織からつくられた標本を顕微鏡で観察して診断するのは病理医です。
正しい診断には、臨床医と病理医の連係プレーが欠かせません。

肝臓病理よろず相談所

患者様・一般の方向け

当センターは、肝胆膵消化器病の的確な診断、治療が受けられるチーム医療体制を整えており、各専門医(内科、外科、放射線診断)が患者様の診断、治療にあたっております。
治療においては、確実な診断が重要になります。肝臓病理の診断では、幅広い知識と経験を必要とします。当院には肝臓病理を専門とする医師が勤務しており、当センターのサポートを行なっております。

医療関係者向け

当センターは肝胆膵消化器病の専門医(内科、外科、放射線診断)が患者様の診断、治療にあたっており、治療においては、確実な診断が重要になります。肝臓病理は、臓器特異性もあってその疾患は発生異常、炎症、線維化、肝硬変、腫瘍(結節性病変)等幅広く、その診断は長年の経験が必要です。
当院には長年にわたって肝臓病理を経験した病理医が勤務しており、当センターの幅広い活動の一つとして肝臓病理全般のご相談(病理診断のコンサルテーション、論文作成のお手伝い等)に応じる部門を附置致しました。
ご相談・お問い合わせは下記のメールアドレスまでご連絡ください。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

お問い合わせ
湘南藤沢徳洲会病院 病理診断科 中野宛
m-nakano@ctmc.jp

病理解剖

ご遺族の承諾のもとに、病死された患者様のご遺体を解剖させていただくのが「病理解剖」で、剖検とも呼ばれます。生前の診断は正しかったのか、どのくらい病気が進行していたのか、適切な治療がなされていたのか、治療の効果はどれくらいあったのか、死因は何か、といったことを判断します。事故や犯罪がからむ法医解剖や医学生の教育のために献体していただく系統解剖とは異なるものです。

病理解剖では外からわかりにくいように切開し、診断に必要な臓器を取り出して、3時間ほどで終了します。主治医の立会いのもと、病理医と臨床検査技師で行います。ご遺体は解剖後に清拭されてご遺族のもとに戻されます。病理解剖の肉眼所見は、解剖を行った病理医から主治医へと報告され、ご遺族に説明されます。なお、顕微鏡所見を含めた最終診断にはもう少し時間が必要です。

病理解剖の結果が蓄積されることによって、他の方法では得がたい医学の進歩への貢献が期待されます。病理解剖はある意味で個人がなしうる社会への最後の貢献といえます。また、個人の体の中でどのような病気がどれぐらい進行していたのかを病理解剖によって明らかにし、その苦しみがいかばかりであったかを知ることは、ご遺族にとって意味のあることではないでしょうか。

以上のように病理医は、診療部門を支え、患者様の治療方針に大きく関与しているという点で、Doctor of doctor とも呼ばれています。

医師紹介

病理診断部門
  • 中野 雅行顧問
    中野 雅行
    専門分野
    病理診断、肝臓病理学
    経歴
    1970年卒 千葉大学
    専門医・認定医等
    • 医学博士
    • 日本病理学会認定病理専門医・指導医
閉じる