呼吸器内科

外来診療担当表

※初診内科以外は予約制です。

 
午前 日比野 近藤
日比野
近藤
佐藤(12.26)
午後 近藤
日比野
日比野 近藤
夕診

※()内の数字は医師が診療にあたる日です。

診療科案内

湘南藤沢徳洲会病院呼吸器内科では、常に患者さまの立場を尊重し、標準的かつ適切な医療を提供するよう努めています。肺癌、肺炎、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、間質性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群などの患者さんの診療をしており、超音波気管支鏡ガイド下経気管支吸引針生検(EBUS)など最新の検査も行っております。

咳、痰、息切れなどがあり、現在加療を受けているものの改善しない方の紹介も受け付けております。受診されている医療機関の紹介状をいただき、地域医療連携室で予約を取ってからお越しください。

お手数をおかけしますが、予約がない場合まず初診外来での対応となります。受付順に非専門医の診療を受けて頂き、その後必要に応じて専門外来へ紹介して頂いております。

診療科案内のフロー

担当患者数

外来 4,131名(2014年度)
入院 延べ11,309名/新入院686名(2014年度)

診療実績

担当患者の疾患内訳

肺がん(骨転移、脳転移等も含む)、癌性胸膜炎、他臓器がんの肺転移、縦隔腫瘍、胸膜中皮腫、細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、レジオネラ肺炎、マイコプラズマ肺炎、ニューモシスチス肺炎、間質性肺炎(慢性好酸球性肺炎、特発性肺線維症、リウマチ性間質性肺炎、皮膚筋炎、顕微鏡的多発血管炎)、薬剤性肺炎、肺結核、結核性胸膜炎、非定型抗酸菌症、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患、気管支拡張症、びまん性汎細気管支炎、肺化膿症、膿胸、自然気胸、続発性気胸、肺塞栓、深部静脈血栓症、慢性呼吸不全、肺胞低換気症候群、睡眠時無呼吸症候群、心不全、悪性リンパ腫

気管支鏡件数 103件/年

診療科案内・お問合わせ

地域医療連携室

診療科案内・お問合わせは地域医療連携室までお電話ください。

研究・執筆活動

  • Hypereosinophilic Pulmonary Carcinomatous Lymphangitis Mimicking Acute Eosinophilic Pneumonia.
    Am J Respir Crit Care Med. 2015 Sep 15;192(6):761-2. doi: 10.1164/rccm.201503-0527IM. No abstract available.

  • DPIで治療中患者の吸入気流と薬剤放出パターン可視化指導器による測定
    アレルギー 64(3/4): 558-558, 2015.

  • Periungual Hemorrhage with Rapid Progressive Interstitial Pneumonia.
    Intern Med. 2015;54(16):2083-4. doi: 10.2169/internalmedicine.54.4512. Epub 2015 Aug 15. No abstract available.

  • カプセル型ドライパウダー吸入器 (DPI) からの吸入時間は2秒程度が適切である
    日本呼吸器学会誌 4(suppl): 306-306, 2015.

  • ドライパウダー吸入器と望ましい吸入パターン
    呼吸 34(5): 461-467, 2015.

  • 多彩な画像所見が腫瘍進展形式を示唆した置換性増殖優位型浸潤性肺腺癌の1例
    肺癌 54(4): 212-217, 2014.

  • Hemophagocytic lymphohistiocytosis secondary to Mycoplasma pneumoniae infection without pneumonia.
    Intern Med. 2014;53(15):1679-83. Epub 2014 Aug 1.

  • 新規ドライパウダー吸入器(DPI)およびトレーナーの吸気抵抗測定
    アレルギー 63(3/4): 538-538, 2014.

  • Transient hemiparesis and hemianesthesia in an atypical case of adult-onset clinically mild encephalitis/ encephalopathy with a reversible splenial lesion associated with adenovirus infection.
    Intern Med. 2014;53(11):1183-5. Epub 2014 Jun 1.

  • ドライパウダー吸入プロファイル測定新規装置による吸入指導者の評価
    日本呼吸器学会誌 3(suppl): 331-331, 2014.

  • Case report: A case of diabetic chorea associated hyperviscosity without abnormal findings of magnetic resonance imaging.
    Nihon Naika Gakkai Zasshi. 2014 Dec 10;103(12):3103-5.

  • Negative pressure pulmonary edema and hemorrhage(NPPE and NPPH)3症例の検討
    日本呼吸器学会誌 2(suppl): 162-162, 2013.

  • AutoCPAP自動解析値の妥当性の検討
    日本呼吸器学会誌 2(suppl): 227-227, 2013.

  • Cholesterol crystals in pleural effusion.
    Intern Med. 2013;52(23):2685. No abstract available.

  • 病勢制御率(DCR)に注目したプラチナ(Pt)+Pemetrexed(PEM)→PEM療法における当院の現状
    肺癌 53(5): 606-606, 2013.

  • Nasogastric tube syndromeの1例
    気管支学 35(suppl): 5265-5265, 2013.

  • DPI吸入指導用ホイッスル(トレーナー)の動的特性
    アレルギー 62(3/4): 401-401, 2013.

  • 肺性脳症
    呼吸 32(2): 173-176, 2013.

  • 肺以外の胸・腹臓器に対する手術―心臓, 食道, 気腹術を中心に
    日本呼吸器学会誌 2(suppl): 49-49, 2013.

  • ドライパウダー吸入器具(DPI)使用者の吸入プロファイル測定装置と応用
    アレルギー 62(9/10): 1298-1298, 2013.

医師紹介

  • 近藤 哲理副院長
    近藤 哲理
    専門分野
    喘息、慢性閉塞性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群
    経歴
    1976年卒 京都大学
    専門医・認定医等
    • 日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
    • 日本睡眠学会認定医
    • 日本アレルギー学会認定アレルギー専門医・指導医
    • 日本内科学会総合内科認定内科医
    • 神奈川県難病指定医
  • 赤澤 賢一郎
    赤澤 賢一郎
    専門分野
    呼吸器内科全般
    経歴
    2004年卒 秋田大学
    専門医・認定医等
    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 神奈川県難病指定医
  • 日比野 真医長
    日比野 真
    専門分野
    呼吸器内科全般
    経歴
    2006年卒 札幌医科大学
    専門医・認定医等
    • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
    • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
    • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
    • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    • 日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医
    • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医
    • 日本病院総合診療医学会認定医
    • ICD(インフェクションコントロールドクター)
    • 神奈川県難病指定医
  • 福田 稔医員
    福田 稔
    専門分野
    呼吸器内科
    経歴
    2013年卒 順天堂大学
    専門医・認定医等
    • 厚生労働省認定麻酔科標榜医
  • 青木 秀世非常勤
    青木 秀世
    専門分野
    睡眠時無呼吸症候群、健診
    経歴
    2006年卒 獨協医科大学
    専門医・認定医等
    • 日本医師会認定産業医
閉じる