がん治療

がん治療

がん治療については、手術前では全症例外科全体でカンファレンスを開催し、治療方針や術式や注意点、問題点など活発に議論し、すべてが最善になるように心がけています。消化器外科・呼吸器外科では鏡視下手術はすでに主流となっており、適応があれば鏡視下で行います。
乳腺外科では、エコー(超音波)、マンモグラフィーはもちろん、3テスラMRI、エコー下マンモトーム生検等の最新機器に加え、病理診断科や臨床検査技師、放射線科との連携により乳癌の確実な診断に努めています。
治療に関しては生検など各種検査結果をもとに全摘や乳房温存、センチネルリンパ節生検等を行います。

鏡視下手術(腹腔鏡・胸腔鏡)

適応があれば鏡視下で行ないます。

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 食道がん
  • 胆のう摘出手術
  • 鼡径ヘルニア修復術

直腸がんのロボット支援手術はダ・ヴィンチのページをご覧ください。

閉じる