当院でのお産について

はじめに

当院では自然なお産に力を入れています。
横向きや四つん這いでもお産ができます。また、3人目以降のお産や医師の許可がある方は畳のお部屋でのお産も行なっています(詳しくはお尋ねください)。

総合病院ですので持病をお持ちの方も症状や状態にもよりますが当院でお産できることがあります。また、お薬の使用など医療介入は必要最低限です。しかし、緊急時は母子の安全を最優先に分娩誘発・促進、鉗子分娩、帝王切開などの介入は行なわせていただきます。

小児科も24時間体制で連携していますので、必要時は小児科医師も立ち会い分娩となります。また、34週以降で対応できるNICUも併設されています。

和痛分娩や無痛分娩、計画分娩は行なっていませんのであらかじめご了承ください。

お産は一生に数回しかないものです。ママとパパがどのようなお産にしたいか、よく話し合った上でお産をする場所を決めていただけたらと考えております。
当院の方針を“いいな”と思って頂けたら幸いです。

当院はアドバンス助産師が7名在籍しています(2018年9月現在)。

スタッフ一同お待ちしております。

アドバンス助産師とは

日本助産評価機構に助産実践能力熟成段階(クリニカルラダー/CloCMiP)®レベルIIIの認証制度で認証された助産師がアドバンス助産師と呼ばれます。

日本では助産師の免許制度は更新制ではなく、免許取得後に助産師個人の能力を知る術がないという現実があります。CloCMiPレベルIII認証制度では、助産師実践能力を客観的に評価する仕組みで、助産師が継続的に自己啓発を行い、専門的な能力を高めることにより、妊産褥婦・新生児に対し、安全で安心な助産ケアを提供できること、社会や組織が助産師の実践能力を客観視できることを目的としています。

レベルIII認証申請には、まずは施設内認証を受け、一定数の症例の経験、必須研修の受講を終了していることなど、書類審査を通過した後に、客観的試験にて能力評価を受けることが義務付けられています。このCloCMiPにてレベルIIIを認証された助産師は、「自立して助産ケアを提供できる助産師」とされています。

当院にはアドバンス助産師が7名在籍しており、助産ケアの向上に努めています。

閉じる