圧迫骨折の痛み治療

圧迫骨折の痛み治療

脊椎圧迫骨折の治療法です。脊椎圧迫骨折は、転倒や物を持ち上げた時などに起こり、無症状ものから動くときにかなりの痛みを伴うものまであります。

脊椎圧迫骨折は高齢者に多く、動くときに強い痛みを伴うものは難治性であり、入院期間も1か月を過ぎることも多いです。長期の入院によりしばしば認知機能の悪化の原因となります。

脊椎椎体骨折の痛みの原因は、椎体内の出血により骨内圧が増加します。
動くときに椎体に圧力がかかることにより内圧が増加した骨の痛みを引き起こします。

椎体減圧術は、背中から針を刺して椎体に穴をあけ椎体内圧を減少させることにより、脊椎圧迫骨折の痛みを早期に和らげることができます。
3泊4日の入院治療となります。

椎体骨減圧術の主な対象疾患

腰椎・胸椎の圧迫骨折の方が対象になります。

この治療の入院から退院までのおおまかな流れ

1 .手術前日に入院していただきます。

2. 手術日当日朝から感染予防の抗生剤を飲んでいただきます。抗生剤は3日間内服してもらいます。

3. 手術は1時間くらいかかります。

4. 術後、トイレ歩行は可能ですが、できるだけベット上安静が必要です。

5. 2日間、痛みの悪化がないことを確認して退院となります。

*この治療の専門外来:月曜・火曜・木曜の14時から15時30分まで、痛みセンターで問診・診察し、この治療が必要かどうか判断します。
予約診察のみで予約外は受け付けていません。必ず予約センターで予約してください。

閉じる