免疫不全症・自己炎症疾患の新しい診断と治療

当院では、日本免疫不全・自己炎症学会(JSIAD)連携施設の一つとして、希少難病である遺伝性自己炎症性疾患(家族性地中海熱、TNF受容体関連周期性症候群:TRAPSなど)の診断、治療、病態解析を行なっています。

免疫・炎症関連疾患は、発症早期に的確な診断を行い、病初期から適切な治療介入を行なうことが重要です。
原因は、免疫系に関わる遺伝子の異常で、確定診断には遺伝子解析が必要となります。JSIADの連携施設である当院では、診断に必要な遺伝子解析が保険適用で受けられます。

原因不明の周期性発熱などの症状が認められた場合は、ご相談下さい。

関連サイト

閉じる