院長挨拶と理念

この湘南東部地区で、断らない医療を実践し続けて37年が過ぎました。湘南藤沢徳洲会病院は平成24年10月1日に藤沢市辻堂に新築移転し、早くも5年目を迎えました。引き続き419床の急性期総合医療機関としての役割を目指しております。

平成28年8月に米国の国際医療機能評価機関(JCI :Joint commission international)の認証を取得致しました。JCI認証とは、患者さんの安全性が担保されているか、高品質な医療が提供されているか、院内に継続した改善活動が行われる仕組みを有しているかを評価する認証機構であり、日本で19番目の認定施設となりました。

写真: 院長 篠崎 伸明

また、当院は外国人患者受入れ拠点病院に認定されており、国際医療支援室を開設して24時間の多言語対応しております。今後多くの外国人患者さんを積極的に受入れ、サポートする体制を強化していきます。

平成27年5月1日には茅ヶ崎市の旧病院跡地に132床の新病院が開院しました。当院と病々連携を取りながら、合わせて551床の機能を発揮し、「いつでも同じ顔の見える安心の医療・介護」を提供できるTOTAL HEALTH CAREを目指したいと考えております。さらに交通面でも県央道路の開通によって、東京西徳洲会病院、湘南厚木病院との交流、また従来の湘南鎌倉総合病院との連携を含めて拡大しました。患者様にはより質の高い医療サービスが提供できるものと期待しております。

当院は、「いつでもどこでもだれでもが、安心して医療を受けられる地域社会」の創造に貢献できることを最大の目標としています。目標の達成手段として、地域住民のニーズに常にきめ細かく対応しつつ、最善の医療をこの地域に展開したいと考えています。一般治療だけでなく、高度先進医療、健診・人間ドックなどの予防医学、在宅医療、介護サービス、公開医療講座などを通して、常に医療活動の中心が患者さまと共にあることを理想とします。

最善の医療を提供するということは、医療技術や知識だけではなく、まして最新鋭の医療機器でもありません。それは「すべての意味での心からのサービスを提供しよう」と、こだわりつづける心の中に存在すると思います。それがこの湘南藤沢徳洲会病院における共通の価値観でありたいと思います。

院長 篠崎 伸明

理念

私たちは“生命だけは平等だ”を基本理念とし、
皆様に最善の医療サービスを提供できるよう努力します。
  • 生命を安心して預けられる病院

  • 健康と生活を守る病院

基本方針

  • 年中無休24時間オープンの救急医療を提供し、いつでも誰でもが最善の医療サービスを受けられるように努力します。

  • 患者様の安全と安心を第一として、満足と信頼をしていただけるような医療サービスの提供を目指します。

  • 適切で迅速な情報を提供し、十分な説明と同意(インフォームド・コンセント)を心がけ、患者様の意志と人権を尊重した医療サービスを提供します。

  • 地域の医療・福祉施設との連携を密接にして、トータルな医療・福祉サービスを提供します。

  • 患者様からの贈り物は一切受け取らないことを徹底し、患者様に公平な医療を提供します。

  • 医療技術、診療態度の向上に絶えず努力することを常とし、根拠に基づいた医療を提供します。

閉じる