小児外科

外来診療担当表

 
午前 蛇口 蛇口 蛇口

※()内の数字は医師が診療にあたる日です。

小児外科とは?

「こどもはおとなのミニチュアではない」

小児外科を説明するときによく使われる言葉ですが、これほど適切に小児外科の特質をあらわした言葉はありません。
こどもはおとなに比べてからだが小さく、とくに新生児・未熟児では非常に繊細な手術のテクニックが必要です。おとなの手術と同じ方法ではこどもの手術は行えません。
しかしもっと大事なことは、こどものからだはおとなのように完成したものではないことです。肺・腎臓・肝臓など身体のあらゆる臓器が発育の途中にあり機能が未熟です。また、身体の機能の調節のしかたもうまくありません。しかも、発育に伴ってこれらの機能はどんどん変化してゆきます。このような子供の特徴を十分に知った上で手術前後の治療をしなければなりません。薬の使い方・点滴のしかたなどあらゆる面でおとなの常識は通用しません。これが小児外科が独立した大きな理由です。

主な対象疾患

消化器疾患

ミルクを吐く 肥厚性幽門狭窄症、胃軸捻転症、胃食道逆流症
腹痛・発熱 小児虫垂炎
便秘あるいは便失禁 肛門狭窄、ヒルシュスプルング病、慢性便秘ほか
肛門あるいは肛門周囲の異常(時に血便) 裂肛、痔核、肛門周囲膿瘍、痔瘻など

鼠径部の異常

外鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、精索水腫

頚部の異常(しこりや分泌物がある)

正中頚嚢胞、下咽頭梨状窩瘻など

臍(へそ)の異常

臍ヘルニア、臍肉芽腫、臍腸管遺残、尿膜管遺残など

体表のしこり

良性軟部腫瘍(血管腫、リンパ管腫、石灰化上皮腫など)

その他

紹介先が必要な疾患として、新生児外科緊急疾患、胆道閉鎖症・先天性胆道拡張症、悪性腫瘍(神経芽腫、腎芽腫、肝芽腫など)があります。

医師紹介

  • 蛇口 達造顧問
    蛇口 達造
    専門分野
    小児外科一般、外科代謝・栄養
    経歴
    1970年卒 東北大学
    専門医・認定医等
    • 日本小児外科学会小児外科専門医・指導医
    • 日本外科学会外科専門医・指導医
閉じる