ニューロモデュレーション外来

ニューロモデュレーション外来(旧・ITB(バクロフェン髄注療法)外来)について

当院・神経内科では2013年4月より重症痙縮に対するバクロフェン髄注療法(ITB)を開始しており、専門外来「ニューロモデュレーション外来」にて診療を行なっております。
バクロフェン髄注療法とは、公的保険適用の治療法であり、「ポンプ」をお腹に入れ、「カテーテル」を介してバクロフェンというお薬を常に脊髄の周辺に送ることで、痙縮(つっぱり)の症状をやわらげる治療です。

また現在、パーキンソン病に対する脳深部刺激療法(DBS)の開始に向け準備を進めております。

外来診療について

ニューロモデュレーション外来は予約制です。
ご希望の方はお電話でお問合わせください。また、他の医療機関で治療をされている方は紹介状をご持参ください。

担当医師 伊藤(神経内科)
日時 毎月最終木曜日 午後
対象
  • 脳卒中後の痙性片麻痺

  • 脊髄損傷後の痙性四肢麻痺/痙性対麻痺

  • 変性疾患/多発性硬化症/HTLV-1関連脊髄症などによる痙性四肢麻痺/痙性対麻痺

可能な治療
  • 新規導入(トライアル⇒ポンプ・カテーテル埋込術)

  • リフィル

治療等の詳しい内容は下の製薬メーカーサイトをご覧ください。

第一三共株式会社 ITB療法ウェブサイト

痙縮とは?

痙縮とは、脳血管障害、脳性麻痺、頭部外傷、無酸素脳症、脊髄損傷、多発性硬化症など、さまざまな病態が原因となって「筋肉を縮ませる命令」が強くなり、自分の意志とは無関係に筋肉が縮んでしまう症状をいいます。

痙縮に対する治療は「ボツリヌス治療外来」でも行なっております。

閉じる