論文一覧

論文一覧

Usefulness of underwater endoscopic submucosal dissection in saline solution with a monopolar knife for colorectal tumors

  • 著者: Mitsuru Nagata(永田充)

  • 雑誌名:Gastrointestinal Endoscopy (GIE)

  • 形式:原著

コメント

世界初のUnderwater ESDに関する原著論文です。目標としていた消化器内視鏡のトップジャーナル、Gastrointestinal Endoscopy(GIE)に受理されました。

Endoscopedia(The official blog of GIE and VideoGIE)

https://endoscopedia.com/2018/05/17/nagata/

MAY 17, 2018

コメント

Usefulness ESD論文に関するまとめ記事です。

全周性食道ESD後にステロイド局注・内服併用療法を施行した1例

  • 著者:永田充

  • 雑誌名:Progress Digestive Endoscopy 2018; 92: 84-85

  • 形式:症例報告

コメント

食道の全周に広がった食道がんに対してESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を施行した症例報告です。全周切除は難易度が高いですが、安全に行うための工夫を説明しました。また、全周切除後の狭窄予防法に関する工夫についても説明しています。

ダブルバルーン内視鏡にて止血し得た小腸Dieulafoy潰瘍の1例

  • 著者:永田充

  • 雑誌名:Progress Digestive Endoscopy 2017; 91: 109-113

  • 形式:症例報告

コメント

小腸Dieulafoy潰瘍からの出血は診断が難しく、内視鏡での止血に成功した症例は稀であり、塞栓術や外科手術になることがほとんどです。本症例は来院当日に緊急で小腸内視鏡(ダブルバルーン内視鏡)を行い、内視鏡での止血に成功しました。
医学中央雑誌での検索によると、内視鏡で小腸Dieulafoy潰瘍からの止血に成功したのは、これが5例目の論文報告です。

Risk of stricture after endoscopic submucosal dissection for large rectal neoplasms

  • 著者:Yoshiko Ohara, Takashi Toyonaga, Shinwa Tanaka, Tsukasa Ishida, Namiko Hoshi, Tetsuya Yoshizaki, Fumiaki Kawara, Ka Luen Lui, Kanokkan Tepmalai, Alisara Damrongmanee, Mitsuru Nagata, Yoshinori Morita, Eiji Umegaki, Takeshi Azuma

  • 雑誌名:Endoscopy 2016; 48: 62-70.

  • 形式:原著

表在型食道癌に対するESD

  • 著者永田充、小山恒男

  • 雑誌名:成人病と生活習慣病 2015; 45: 283-290

  • 形式:総説

必修!大腸ESD 「病変のサイズと部位に応じた基本的治療戦略」

  • 著者:豊永高史、西野栄世、横崎宏、坂井文、吉崎哲也、河原史朗、小畑大輔、田中心和、石田司、中村彰宏、永田充、馬場慎一、長谷川晶子、滝原浩守、中野利宏、井上太郎、尾野亘、森田圭紀、東健

  • 雑誌名:消化器内視鏡 2013; 25: 433-443

  • 形式:総説

閉じる