内臓肥満ドック

肥満は脂肪のつきやすい部分によって2つの型に分けられます。

  • 皮下脂肪型
    お尻、太もも、下腹部がふっくらとしている女性に多く見られる
  • 内臓脂肪型
    各臓器の間に脂肪が多く中年男性に多く見られる

「内臓脂肪型」のタイプの方は、糖尿病・高血圧・脂質異常症(高脂血症) などの生活習慣病を引き起こしやすく、心筋梗塞などの重大な病気の危険性が増す原因にもなります。また、脂肪の蓄積により動脈硬化が著しく進行することが証明されています。「皮下脂肪型」より「内臓脂肪型」の方がとても危険なのです。体重が正常な方でも「内臓肥満型」の方は少なくありません。早期の予防・対策を行なうために、内臓脂肪の測定は極めて重要となっております。

内臓脂肪増加する要因とされるもの 早食い・夜8時以降の食事・1日2食・油っこい料理・甘党・シャワーだけ

内臓脂肪が気になる方へ

内臓についた脂肪が体に、悪影響を及ぼします。
腹囲が、女性で90cm以上・男性では85cm以上あれば、要注意です。
内臓脂肪が増えると、様々な病気が引き起こされメタボリックシンドロームになります。
内臓脂肪蓄積予防がメタボリックシンドロームのカギです。

メタボリックシンドロームとは

内臓の周囲に脂肪が蓄積する内臓脂肪蓄積型の肥満を持った人が、高血圧・糖尿病・脂質異常症(高脂血症)といった動脈硬化危険因子を2つ以上持ち合わせた新しい疾患概念です。

検査項目

健康調査 既往歴・自覚症状・他覚症状
医師診察 診察・問診
身体計測 身長・体重・腹囲・体脂肪率・肥満度・BMI
血液検査 TG・TC・HDL-C・LDL-C・HbA1c・血糖
内臓脂肪CT検査 マルチスライスCTによる内臓脂肪計測(ファットスキャン)

費用

12,000円(消費税抜き)

お申込み、お問合わせ、ご予約はこちら

湘南藤沢徳洲会病院 3階
人間ドック・健診センター

受付時間:毎週月曜~土曜日(祝日を除く)、14:00~17:00まで

健康保険組合などの団体や事業所に所属の方は、申し込み方法を勤務先にお尋ね下さい。

閉じる